一般社団法人京都高齢者支援協会 かたつむりトラスト | 京都・滋賀のシニア・高齢者の身元保証などのサポート

 京都高齢者支援協会 かたつむりトラスト メールでのお問い合わせ  京都高齢者支援協会 かたつむりトラスト 電話でのお問い合わせは075-601-0287まで(平日9:00~18:00)

よくある質問

※質問をクリックすると答えが表示されます

I.かたつむりトラストについて

?

1.名前の由来は何ですか?

 代表のあいさつの中にも触れておりますが、「ゆっくりでも確実に進む」ことから来ています。あくまでも地道な地域に根差した運営というものを体現した言葉です。

?

2.かたつむりトラストの運営主体である一般社団法人京都高齢者支援協会は、どのような法人なのですか?また、どのように運営されているのですか?

 詳しくは法人概要をご覧いただければと存じますが、基本的に、非営利性を徹底した運営を行っております。運営のために必要な費用は、会員から納めていただく費用によって賄われており、行政などからの補助はありません。したがいまして、公設の法人ではなく、あくまでも民間の非営利法人ということになります。
 なお、運営にあたって最も重要であると考えるのは、「継続性」と「透明性」です。事業を継続するためには財政基盤は盤石なものでなければならず、そのためには会員から納めていただく会費や支援費などの収入は必要不可欠なものとなります。また、透明性確保のため、税理士に財務状況のチェックを受けるほか、納めている費用がどのように使われているのか、すべての会員に財務資料を定期的に公表し、チェックしていただくこととしております。
 かたつむりトラストは以上のように堅実な方針にて運営されておりますので、どうかご安心ください。

?

3.法人の会計はどのように管理されているのでしょうか?

 一般的な法人会計基準に従って適性に管理しておりますが、事業の性質に鑑み、可能な部分は公益法人会計基準に近付けております(公益法人会計に完全に適合するものではありません)。収入・支出とも、会員に対する透明性を強く意識し、定期的に会員に対して公表するほか、会員からの随時の質問に対しても回答しております。
 なお、少し話がそれますが、会員からの預り金(概算金)については、法人の会計とは完全に分離し、帳簿も全く別に管理しております。また、こちらは法人の会計とは違って会員個人の機微情報であることから、本人以外には一切公開されませんので、どうかご安心ください。

?

4.現在、職員は何名在籍されていますか?

 平成28年12月末日現在、4名在籍しております。もっとも、会員の増加に伴って増員していきますので、決して支援が滞ることはありません。例えば遠方の地域で会員が増加したときは、現地の支援担当者を増員することで、スムーズな対応ができるようにさせていただいております。

II.入会契約や費用について

?

1.入会手続きにはどのくらいの時間がかかりますか?また、入会してからどのくらいの期間で支援を始めてもらえるのですか?

 入会手続きにかかる時間は最短で1日です。また、入会契約が成立次第、直ちに支援を開始しますので、お急ぎの場合などは、申込み当日に支援を開始することも可能です。

?

2.入会するのに、年齢要件はありますか?

 特にありません。何歳の方でも入会いただけます。実際には65歳以上の方が多いですが、50代の方も在籍されています。これは、元気なうちに老後の準備をしておこうという意識が、社会全体に浸透してきていることの表れと思われます。かたつむりトラストとしても、何かあってからではなく、できるだけお元気なうちに入会され、ご安心いただくのがベストであると考えております。

?

3.対応できる地域はどのあたりでしょうか?

 京都府と滋賀県及び、その周辺地域となります。周辺地域とは、入会時点で希望されている支援の内容と緊急対応を行った場合から考えて、かたつむりトラストの業務に支障がない範囲を指します。したがいまして、周辺地域については、その都度検討することになります。

?

4.入会後に契約の撤回や解約をすることはできますか?

 身元保証中を除き、自由にできます。入会日を含めて30日以内でしたら、契約の撤回ができます。この場合、すでに行った分の支援費や立替金を精算した上で、すべての費用をお返しいたします。
 30日を経過してしまった場合、撤回はできなくなりますが、解約ができます。この場合、入会金と会費はお返しできませんが、お預りした概算金がある場合については、支援費や立替金を精算した上で、全額お返しいたします(お預りがない場合は、未払いの支援費や立替金をお支払いいただいてから解約の手続きを進めることになります)。
 繰り返しになりますが、かたつむりトラストが身元保証をしている間は撤回や解約ができませんので、ご注意ください。

?

5.入会できないことはありますか?また、かたつむりトラスト側から解約されることはありますか?

 稀なケースですが、ございます。かたつむりトラストは、会員との信頼関係によって成立していますので、信頼関係を築くことができない場合は入会をお断りいたします。必要な事項を申告いただけない場合や虚偽の申告をされる場合、業務を妨害される場合などが該当しますが、ご事情もあろうかと思われますので、機械的に判断できるものではありません。十分にご事情を伺った上で判断させていただいております。
 なお、入会後につきましても、契約の解約条項に該当する場合(信頼関係喪失や業務妨害、意図的な費用不払いなど)はかたつむりトラスト側から解約せざるを得ないこともありますが、これはさらに稀なケースであり、これまでには発生しておりませんので、どうかご安心ください。

?

6.親族がいても入会できますか?

 もちろん入会いただけます。ご希望により、協力して支援させていただくこともできますし、ご家族に伝えることなくかたつむりトラストのみで支援させていただくこともできます。
  協力して支援させていただく場合についてですが、日常の支援は親族の方が行って緊急時のみかたつむりトラストが行うケースもあれば、すべての支援をかたつむりトラストが行った上でご報告だけをするケースもあります。
 なお、ご家族に対しても入会したことを知られたくないというご希望がある場合には、伝えることはありませんので、ご安心ください。

?

7.契約時に第三者に同席してもらうことはできますか?

 もちろん可能です。ご親族はもちろん、ケアマネージャーや相談員、民生委員などの専門家の方、ご友人や地域の方に同席していただくことは、むしろ推奨しております。
 ただし、ご本人の希望が最優先となりますので、同席を希望されない場合は、もちろんご本人のみで契約いただけます。

?

8.個人情報はしっかりと守られるのですか?

 絶対に守りますのでご安心ください。契約上、かたつむりトラストは会員に対して守秘義務を負いますので契約に定める下記の場合を除いて、会員以外に情報が提供されることはありません。
 ・会員の事前の同意があるとき
 ・会員への支援に際し、医療機関、介護事業者等の支援関係者に対して提供するとき
 ・生命、身体又は財産の保護のため緊急に必要で、会員の同意を得るのが困難なとき
 ・かたつむりトラストが、その業務を第三者に委託するとき
 ・法令の規定による場合で、災害時の対応の為等緊急の必要があり、かつ、会員に連絡が取れない等、会員の同意を得られないことにつき真にやむを得ない事情があるとき
 以上のとおり、第三者に対して会員の同意なく提供する場合は相当に限定されていますので、たとえご親族や公的機関からの照会であっても、上記の要件を満たさない限りは提供することはありません。どうかご安心ください。

?

9.入会金、会費、支援費には、どこまでの費用が含まれているのですか?

 入会金と会費には会員になって支援を受けるために必要な費用が含まれていますが、具体的な支援を行った際には、支援費がかかります。身元保証を受けるための費用や金銭管理のための費用、死後事務を行うための費用は入会金と会費に含まれていますので、追加で身元保証料や金銭管理費、死後事務の契約費用などがかかることはありません。一方、日常生活支援を行った場合や身元保証書の記入のために病院を訪問した場合、死後事務支援のために葬儀の段取りをしたり役所の手続きを行ったりした場合などには支援費がかかることになります。
 また、すべての支援を通じて、病院に支払う医療費や、物品の購入費、引越代、家財処分費、家賃、葬儀社に支払う費用等は会員にご負担いただくことになりますので、ご注意ください。

?

10.入会金は、契約時にお支払すればいいのですか?

 入会金については、原則として、契約時に現金でお支払いいただいておりますが、ご事情がある場合に関しては、契約後1週間以内であれば、お振込みなど、別の方法でも対応いたします。ただし、その場合、支援は原則としてお支払いが完了してから開始することになりますので、ご注意ください。

?

11.会費や支援費は、いつの分をどのようにお支払いすればいいですか?

 会費や支援費については、当月分を翌々月3日に口座振替にてお支払いいただきます。口座振替については、入会契約と同時にお手続きをしていただきます。入会契約時に前払いでお支払いいただく必要はございませんので、ご安心ください。

?

12.困窮者や生活保護受給者に対する費用の減免はないのですか?

 費用の減免制度があります。具体的には以下のとおりです。
 まず、困窮者とは、全財産が概ね100万円以下で、かつ、収入が生活保護受給基準程度の方を指します。次に、生活保護受給者とは、現に生活保護を受給されており、かつ、保護が停廃止される程度の財産がない方を指します。
 こうした方については、費用の減免をさせていただいておりますが、具体的には現在の預貯金(全財産)に応じて、入会金を減額または免除させていただきます。金額については今後の生活や収支の見込みも総合的に判断して決定しますので、ケースバイケースとなります。
 一例としては、全財産が10万円で年金が月額3万円の生活保護受給中の方と契約させていただいたことがあります。この方の場合、入会金を3万円・会費月額を1万円とさせていただきました。
 また、別のケースでは全財産が90万円で月収が10万円の生活保護は受給されていない方と契約させていただいたことがあります。この方の場合、入会金を30万円・会費月額を1万円とさせていただきました。
 いずれも、重要なポイントは現在の預貯金よりも今後の収支です。入会されたとしても今後の生活に支障が出るようであれば意味がありません。そのようなことにならないように費用設定をさせていただきますので、どうかご安心いただければと存じます。

?

13.費用の減免のための手続きはどのようになりますか?

 手続きにつきましては、次のとおりになります。
 ①まず、本人と面談の上、契約の意思を確認させていただきます。
 ②契約を強く希望される場合、全財産の状況・詳細な収支状況・受けている保護の種類・病歴・今後の状況などを詳細にお聞きし、預貯金通帳を含めてすべての資料を提出いただき、調査させていただきます。
 ③その上で、契約の可否を審査します。
 ④そして、可能な場合は個別の事情に合わせた契約費用をご提示し、合意の上、契約させていただきます。

 ※万一、虚偽の申告や資料の改ざんなどがあった場合は、契約後であっても解約させていただきます。

III.身元保証支援について

?

1.どのような保証ができますか?

 賃貸住宅、老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、各種施設等への入居時や、入院時の保証を行います(他に、介護サービス利用の際の保証なども行います)。身元保証支援という名前ですが、もちろん、連帯保証人や身元引受人にもなりますので、家賃や医療費等の金銭面の保証も合わせて行います。家賃の額等に制限はありません。また、同時に緊急連絡先にもなりますので、何かあった際には24時間365日、電話対応や駆け付けを行うことができます。
 なお、保証とは少し違いますが、遺言作成の際の証人や、戸籍の届出の際の証人にもなることができます。

?

2.できない保証はありますか?

 お金を借りるときや働くときの保証はできません(ただし、働くときの緊急連絡先にはなることができます)。

?

3.旅行の際の緊急連絡先にはなってもらえるのですか?

 もちろんお引き受けいたします。名前だけの緊急連絡先ではなく、何かあったときは、全国どこでも駆け付け対応が可能です。

?

4.町内会やマンション管理組合等の緊急連絡先にはなってもらえるのですか?

 もちろんお引き受けいたします。名前だけの緊急連絡先ではなく、緊急入院等何かあったときに、ご希望を踏まえて状況を報告させていただいたり連絡事項をお伝えしたりと、幅広い対応が可能です。

?

5.医療行為の同意書は書いてもらえるのですか?

 責任を持ってお書きします。ただし、勝手に書くわけにはいきませんので、事前に『このような場合はこうしてほしい(一例として輸血の希望/胃ろうの希望/延命治療の希望など)』といった希望を詳細にお伺いし、それに基づいて同意をさせていただきます。

?

6.保証会社による保証とかたつむりトラストによる保証との違いは何ですか?

 一般的には、保証会社は金銭的な連帯保証のみを行いますが、かたつむりトラストは金銭的な保証だけではなく、家族代わりとして日々のご相談をお受けしたり、何かあったとき(施設内で転倒したとき、病院で容態が急変したとき、)に駆け付けたりなど実働面を重要視した保証を行います。

?

7.保証人を家族や友人等にお願いして、緊急連絡先のみを引き受けてもらうことはできますか?

 もちろん可能です。例えば、ご家族ご友人にて対応が可能な場合はお任せし、難しい場合のみ対応するといった役割分担もできますし、対応をすべてかたつむりトラストで行ったうえで、結果をご家族やご友人に詳細に報告することもできます。ご希望に応じて柔軟に対応しますので、ご安心ください。

?

8.保証人として緊急的に入院費や入居費等を立て替えていただいた場合、そのお金はどうなりますか?

 会員様にご請求させていただきます。通常は月額会費等と併せて口座振替にてお支払いいただくこととなりますし、お預り金からお支払いいただくこともあります。

?

9.施設や病院によって身元保証人と身元引受人と連帯保証人の記載が混在しています。どう違うのですか?また、かたつむりトラストではどの部分を引き受けてもらえるのですか?

 実務上は、あまり違いがないケースが多いです。かたつむりトラストでは、住居や施設、病院などの保証である限り、文言にかかわらずお引き受けいたします。
 確かに、法的には、身元保証人、身元引受人、連帯保証人の意味合いは異なり、身元保証人や身元引受人が主に本人に何かあったときの対応面の保証や身柄の引き受けを求めているのに対し、連帯保証人は、主に施設費や医療費等の金銭保証を求めているといえます。
 しかしながら、実務上は、ご質問のように混在しており、言葉の意味も保証を求める主体によって様々です。身元引受人のみを求めていても、契約書をよく読むと、多くの場合は「本人が負担すべき一切の債務を保証する」とか「一切の損害を賠償しなければならない」といった記載があります。逆に、連帯保証人のみの記載しかなくても、本人の身上に何かあったときは、駆け付けての対応が義務付けられていることもあります。
 したがいまして、文言のみで責任の内容を判断せずに、しっかりと契約書等を読んで内容を確かめることが重要です。かたつむりトラストでは、場合によっては入居契約の場面にも同席して、こうした違いもしっかりとご説明した上で、無制限に保証をさせていただきます。

IV.日常生活支援について

?

1.介護保険外のサポートをするということですが、介護保険適用のサポートはできないのですか?

 できます。ただ、かたつむりトラストは介護保険の事業者ではありませんので、かかった費用(支援費)は全額自己負担となります。当方の支援費に比べて、介護保険の自己負担のほうが圧倒的に安価な場合がほとんどなので、極力、介護保険の利用をお勧めしています。

?

2.支援費はどういった基準で請求されますか?

 支援費については、会員より依頼があって、職員が依頼を遂行するために動いた場合に請求いたします。支援先に到着して支援を開始したときから、支援先で支援を終了したときまでが、支援時間となります。事務所からの往復の時間は支援時間に含みません。具体的な金額については、費用のページをご覧ください。
 ただし、緊急事態などで会員自身による意思表示が困難な場合、お知り合い、親族、病院や施設担当者の方からの依頼であっても支援を実行しますので、この場合も請求いたします。
一方、ご相談のためであれば訪問させていただいた場合も請求しませんし、事務所に来所いただいてその場で支援を行う場合は内容にかかわらず請求しません。また、依頼に基づかずに、安否訪問等、当方の都合により訪問させていただく場合も、もちろん請求することはありません。
 一般的には以上のような基準ですが、判断が難しいケースもありますので、画一的な対応を行うことなく、都度ご説明して、ご納得いただいた上で、支援を行うようにしております。

?

3.支援交通費はどのような基準で請求されますか?

 支援交通費は、事務所から支援先までの合理的な経路の公共交通機関の料金の往復分を請求いたします。職員が他の会員の支援等でたまたま支援先に近い場所にいた場合であっても、逆に遠くにいた場合であっても、請求金額は変わりません。同様に、自動車(高速道路含む)を使用した場合であっても、タクシーを使用した場合であっても、公共交通機関の料金の往復分のみを請求いたします。また、特急料金については、概ね片道の移動距離が100キロを超える場合に請求することになります。
 以上は、交通費について、会員間での不平等を極力避けるために定められたものです。したがいまして、会員の希望によりタクシーを使用したり、特に車や有料特急等を使用したときは、上記によらず、その実費を請求させていただくこととなります。

?

4.支援にあたる職員は、何か特別な資格を持っているのですか?

 いいえ、特別な資格は持っていません。かたつむりトラストの支援は家族代わりの支援ですので、家族が特別な資格なく行うことができることについては、かたつむりトラストも行うことができるということになります。医療行為や電気工事等、資格がないと行うことができないことは、職員が直接行うことはできませんが、決してできませんで終わりにすることはなく、しかるべき専門家をご紹介する等、資格がなくともできる最大限の努力をいたします。

?

5.旅行の付き添いはできますか?

 もちろんできます。実際に、過去には東京への二泊三日の旅行のお手続きやお付き添いをさせていただいたこともあります。お体が不自由な場合はもちろん、お元気な方であっても精一杯のサポートをさせていただきます。

?

6.引越しや家財処分をお願いすることはできますか?

 もちろんお引き受けします。物量などにもよりますが、かたつむりトラストの職員が行うこともできますし、信頼できる業者をご紹介することもできます。また、引越しに伴う面倒な手続き等もすべてサポートさせていただきますので、安心してお任せください。

?

7.遺言の作成のご相談はできますか?

 もちろんできます。相続人がいない方や、相続人以外の方に財産を残したい方、法定相続分と異なる割合で財産を相続させたい方には、遺言を残すことは非常に有効です。かたつむりトラストでは、どのような内容を考えておられるのかを入念にヒアリングし、細かなところまで、責任を持ってお手伝いをさせていただきます。基本的にはトラブルの少ない公正証書遺言をお勧めしておりますが、費用がかかるという問題もありますので、自筆証書遺言についてもしっかりとサポートさせていただいております。

?

8.任意後見契約の締結はできますか?

 もちろんできます。任意後見契約は、自身が認知症等で判断能力を失ってしまったときのために、あらかじめ任意後見人を指定しておくという制度ですが、かたつむりトラストへの入会契約に加えて、任意後見契約を締結しておくのは、より安心といえます。かたつむりトラストでは、具体的な内容の検討から必要書類の取り付け、公証人との打ち合わせまですべてさせていただいた上で、任意後見契約をお引き受けしております。

?

9.入院に伴う支援としては、どのようなものがありますか?

 入院から退院まで、家族代わりとして、様々なご対応をさせていただきますが、例えば以下のようなものがございます。
 ・ 入院日のお付き添いや書類のご準備(保証書への押印を含みます)。
 ※ 緊急入院の場合は24時間対応で駆け付けを行います。
 ・ 衣類や日用品等の入院セットのご準備(またはアメニティ業者の申込み)。
 ・ 医師からの説明への同席や医療行為同意書の記入。
 ・ 手術同意書へのサインや手術当日のお付き添い。
 ・ 必要な物やお小遣いのお届け等を含めた定期的なご訪問。
 ・ カンファレンスへの同席。
 ・ 入院中にご自宅に訪問しての郵便物の回収やお部屋の空気の入れ替えなど。
 ・ 退院後に施設入居の必要がある場合の手続きや見学の同行などの対応。
 ・ 退院日のお付き添いやお支払いの代行。
 以上のほかにも様々なことがありますし、逆に必要がないこともあろうかと思います。ご希望や状況に合わせたご対応をさせていただきますので、安心してお任せください。

?

10.現在、高齢者施設への入居を考えていますが、どのような支援が受けられますか?

 高齢者施設といっても様々ですが、一例として、老人ホームへの入居の場合について、以下に挙げてみます。
  ・ 施設選びや問い合わせのサポート。
  ・ 施設の資料の取り寄せやご希望に合う施設のご紹介。
  ・ 入居のための説明や見学への同席。
  ・ 入居契約への同席や保証書の記入。
  ・ 入居後の定期的なご訪問。
 以上のほかにも様々なことがありますし、逆に必要がないこともあろうかと思います。ご希望や状況に合わせたご対応をさせていただきますので、安心してお任せください。

?

11.依頼した支援は、すべて引き受けてもらえるのですか?

 犯罪行為に該当するものを除き、原則としてすべてお引き受けしております。ただ、専門性が高い支援など、かたつむりトラストの職員が行うよりも、専門業者に任せたほうが成果的にも費用的にも妥当と思われる場合があります。例えば、規模の大きな引越しや海外旅行のアテンドなどが、これに該当します。かたつむりトラストでお引き受けした場合と専門業者をご紹介した場合のメリットデメリットをご説明した上で、最終的にはご自身でご判断いただくことになります。なお、業者の紹介料などは一切いただいておりませんので、ご安心ください。

V.金銭管理支援について

?

1.契約したら、必ず金銭管理をお願いしないといけないのですか?

 いいえ、そのようなことはありません。ご希望通りに対応させていただきます。一般的には、お元気なうちはご自身で管理していただき、外出が困難になるなど、ご自身で管理することが難しくなったときに初めて金銭管理を行うことが多いです。

?

2.通帳や印鑑、実印等貴重品の預かりは可能ですか?

 もちろん可能です。預り証を作成し、責任を持ってお預かりします。

?

3.具体的にはどのような方法で金銭管理を行うのですか?

 まず、会員ごとに概算金(預り金)台帳を作成し、個人の通帳の記載とも併せ、入出金をすべて把握します。すべての請求書や領収書を保管し、公共料金や施設費などの引き落としについても、請求書と逐一対照します。万一、請求金額と引き落とし金額が異なるなどの誤りがあれば即座に問い合わせるなど、厳格に対応します。
 併せて、還付金や給付金、配当金などもチェックし、申請できるものはすべて申請して、受領手続きを行います。

?

4.金銭管理支援を受けるメリットは何ですか?

 ケースバイケースではありますが、例えば、請求の支払い漏れがなくなるということが挙げられます(医療費など現金払いのものについても、期限通りに支払いを行うことができます)。また、年金を含めて収入を正確に把握して適切な施設などのご案内ができるといったこともあります。さらに、収入からみて支出が妥当かどうかといった実質的なチェックも行いますので、妥当でないと思われる支出については、ご本人様に確認して適切なご提案をさせていただくことも可能です。

?

5.お小遣いのお届けはどのように行うのですか?

 定期的にご訪問の上、ご本人と相談して決めた金額を現金でお渡しすることが多いです。その際、受領証にサインをいただき、間違いのないようにさせていただきます。

?

6.お金や貴重品を預けるのは不安です。セキュリティ面はどうなっているのでしょうか?

 ご不安はもっともかと存じます。セキュリティとしては、事務所については警備会社と契約して24時間の管理体制を取っております。また、預り金については法人の財産とは完全に分離して、特に設けた預り口(預り金専用の口座)で管理しており、混同されることはありません。さらに、定期的なご報告等の監査体制も整えております。
 しかしながら、こと安全面については、金融機関も含めて「絶対」ということがないのもまた事実ですので、現在の体制に慢心することなく、常にセキュリティ体制を向上させていく所存です。

VI.死後事務支援について

?

1.死後事務は、契約時に必ず内容を決めないといけないのですか?

 いいえ、そのようなことはありません。実際、まだ先のことということもあって、イメージが湧かず、決めかねていることも多いのではないでしょうか。契約後にヒアリングを重ねていく中で、じっくりと内容を決めていっていただくのが良いかと存じます。

?

2.エンディングノートの作成を検討しています。作成の仕方は教えてもらえるのですか?

 はい、もちろんです。エンディングノートは、自身の死後の希望を伝えるのに、とても有効な手段といえます。どのようなことを書けばいいのか、書き直しはどうすればいいのかなど、詳しく丁寧にご説明させていただきます。

?

3.私はエンディングノートをすでに作成しましたが、死後、その通りに支援をしてくれますか?

 もちろん、エンディングノートの通りに支援させていただきます。
 実は、エンディングノートは、作成するだけではほとんど意味がありません。作成したとしても、その内容を十分に理解し、確実にその通りに動いてくれる存在が必要なのです。エンディングノートを託すべき、信頼できるご家族やご友人がいらっしゃらない場合、かたつむりトラストに託していただければ、責任を持ってエンディングノートの内容を遂行いたします。

?

4.葬儀は、宗旨宗派問わずに対応してもらえるのですか?

 もちろん対応いたします。どのような宗旨宗派であっても、ご意思を実現すべく、忠実に執り行わせていただきます。

?

5.葬儀を行わないことはできますか?

 できます。いわゆる直葬と言われておりますが、具体的には、死後、葬儀会館などへの安置のみを行って、儀式を一切行わずに火葬するということは可能です。

?

6.葬儀のことを知らせる人を限定したいのですが、できますか?

 もちろんできます。具体的にヒアリングさせていただいてリスト化しますので、例えば、〔①死後直ちに知らせてほしい人、②翌日には知らせてほしい人、③火葬が終わってから知らせてほしい人、④相当期間が経ってからハガキなどで知らせてほしい人、⑤積極的には知らせず問い合わせがあった場合のみ回答する人〕などのように細分化することもできます。

?

7.納骨についてですが、先祖のお墓が北海道にあっても納骨してもらえるのでしょうか?また、海外にある場合はどうでしょうか?

 北海道を含め、日本国内であれば、まず問題なく納骨させていただけます。問題は海外なのですが、これについては即答は難しいです。といいますのも、国によって法制度に大きな違いがあり、例えば遺族以外の遺骨の持ち込みができなかったり、そもそも外国からの納骨自体が禁止されていたりするケースもありうるからです。海外については、ご希望やご事情を十分にヒアリングした上で、可能性を調査し(どうすれば解決できるのかを考えて)、個別に対応させていただくことになろうかと存じます。

?

8.公営墓地(納骨堂)への納骨はできますか?

 もちろんできます。ただ、住民に限るなど、自治体によってルールが異なります。また、そもそも公営墓地がない自治体もあります。なお、若干ご質問の趣旨とは離れますが、ごく低廉な費用で宗旨宗派を問わずに納骨を受け入れてくださる寺社もありますので、ご希望がございましたら、ご案内させていただくことも可能です。

?

9.海洋への散骨はできますか?

 もちろんできます。ご希望の場所(海域)や方法を詳細にヒアリングし、責任を持って実行させていただきます。

?

10.拾骨も納骨も一切行わないという選択肢はあるのですか?

 あります。いわゆる、火葬場にて拾骨を行わないという選択です。ただ、あまり行われていません。

?

11.死後、かたつむりトラスト以外に支払う実費は、入会金や会費、支援費に含まれているのですか?

 いいえ、含まれていません。かたつむりトラスト以外に支払いが必要になる費用は、入会金や会費、支援費には一切含まれていませんので、ご自身で準備していただく必要があります。具体的には、葬儀社に支払う費用、納骨堂に納める費用、お寺などに支払う費用、光熱水費、最後の医療費、家賃や施設費の精算費用などが該当します。これらの費用について、入会後に概算金としてかたつむりトラストにお預けいただければ、すべて精算した上、残金を相続人などにお渡しさせていただきます。

?

12.死後のことはかたつむりトラストではなく、別の方に頼もうと思っています。そのようなことはできますか?

 もちろんできます。ご希望によって、死後のことには一切関わらないこともできますし、ご親族やご友人と協力して進めていくこともできます。他にも、例えばかたつむりトラストとは別に、弁護士や信託銀行などに遺言執行を頼んだ場合、死後の手続き関係を処理した後に、その弁護士や信託銀行などに引き継ぐといったこともできます。いずれにしましても、画一的なものではなく、ご希望に合わせて柔軟に対応させていただきますので、どうかご安心ください。

?

13.死後の手続きはどのくらいの分量があるのですか?

 ご本人の状況にもよりますが、おおむね50個以上の手続きが存在します。死亡届、ライフラインの解約やアパートや施設の明け渡しなど比較的急ぐものから、行政手続きや戸籍謄本の取り寄せなど手間のかかるものまで、様々です。数ヶ月単位で時間を要しますが、かたつむりトラストが、責任を持って、すべて行いますので、どうかご安心ください。

?

14.預貯金や現金、株式や不動産等の財産は、最終的にどうなりますか?

 ① 遺言書がある場合
 この場合、遺言執行者にお渡しします。後は遺言執行者にて遺言の内容を執行していくことになります。また、かたつむりトラストが遺言執行者に指定されている場合、責任を持って、遺言を執行します。なお、遺言執行者の定めがないときは、かたつむりトラストにて相続人調査を行った後、相続人及び受遺者全員に通知し、代表の方を決めていただいた後、その方にお渡しします(場合によっては家庭裁判所に遺言執行者を決めてもらい、その方にお渡しすることもあります)。
② 遺言書がない場合
 この場合、かたつむりトラストにて相続人調査を行った後、相続人全員に通知し、代表の方を決めていただいた後、その方にお渡しします。なお、相続人が一人もいない場合、日本国に帰属することもあります。
③ 別途第三者と死後事務の契約をされている場合
 この場合、その契約に基づき、その死後事務を執行する方にお渡しすることもあります。ただ、個別契約であることから、内容も様々かと思われますので、内容によって個別の対応をさせていただきます。

VII.セミナー・講演などのご依頼について

?

1.対応可能なエリアはどのあたりになりますか?

 全国どこでも対応させていただきます。また、場所についても大きなホールから公民館や個人宅まで、柔軟に対応させていただきます。

?

2.対応可能な曜日や時間の制限はありますか?

 特にございませんが、先約や別件が入っている場合などは別日程のご提案をさせていただきます。

?

3.何人規模から対応できますか?

 何人でも大丈夫です(極端な話、1名でも大丈夫です)。

?

4.どのくらいの時間を確保しておけば大丈夫ですか?

 ご希望される内容にもよりますが、1時間から1時間30分程度を見ていただければ大丈夫です。30分などでも対応はできますが、かなり圧縮した内容になってしまいます。

?

5.どのような内容の講演・セミナーが可能ですか?

 かたつむりトラストの支援内容や事例についてのお話をベースとして、ご希望によって、遺言や相続、エンディングノート、成年後見、葬儀など、できる限り幅広く対応させていただきます。対象者につきましても、福祉関係の職員様から一般高齢者の方まで、様々なケースに対応させていただきます。

?

6.申し込みは、どうすればいいですか?

 お電話または、このウェブサイトよりお申し込みいただけます(ファックスでも可能です)。ウェブサイトやファックスでのお申し込みに関しては、担当者より折り返し、日程調整や詳細をお伺いするためのお電話をいたします。その後、事前打ち合わせが必要な場合は、お伺いしてご相談させていただき、準備の上、当日を迎えるという流れになります。